CAREER ADVISOR COLUMN

キャリアアドバイザーコラム

病院長は地方経験者?

キャリアを考える

厚生労働省が、医師偏在についての対策をまとめた報告書を公表しました。

12月8日に開かれた有識者検討会にて、以下の内容でおおむね了承を得、
来年の通常国会に医療法や医師法の改正案を提出する方針とのことです。

 (1) 一定規模の病院で院長になるための基準のひとつとして、
   医師不足地域での勤務経験を有することを求める。
   ※診療所開設の要件に、という声もあったが慎重な意見も多く、
    最終的には地域医療支援病院の一部でまず始めることとなったそうです。

 (2) 都道府県に対して、医師定着促進策や、大学病院等からの医師派遣といった
   偏在対策を進めるための計画策定を義務付ける。

また将来的な検討課題として、
診療所の開設に一定の制限を加える制度の必要性にも触れられています。

かねてより医師偏在の解消のために「地方での経験をキャリアパスにする」という
案は出ていましたが、いよいよ動き出した、という印象です。

弊社には、「キャリアのプロ」である
国家資格キャリアコンサルタントが多数在籍しています。

そのプロの目線で申し上げるとするならば、
これまでは、有資格者を増やすことや知識や手技のレベルを高めることで、
「国民に質の高い整った医療を提供する」ということに重きが置かれてきましたが、
そこに、「キャリアパス」という個々人の仕事観に関わる視点が
本格的に持ち込まれるきっかけになるのではと思っています。

これまで、医師をはじめ医療従事者の皆さまとお話をするときに、
「キャリア」という言葉を持ち出すと、
あまりピンと来ていらっしゃらない反応をされる方が多かったのですが、
この機会に、医療従事者の皆さまにも、キャリアという言葉とともに、
そのキャリアの選択肢や可能性が広がればと期待をしています。

-------------------------------------------------------------------
「キャリアについてキャリアコンサルタントに相談」はコチラ↓
★★ ご相談はこちら(お問い合わせページが開きます) ★★
-------------------------------------------------------------------


キャリアアドバイザーコラムトップへ

キャリアアドバイザーに相談する

(平日9:00~18:00 土日祝除く)

0120-979-882