CAREER ADVISOR INTERVIEW

キャリアアドバイザーインタビュー
人生、一期一会
キャリアアドバイザー
吉田 智治
Tomoharu_Yoshida
吉田 智治
異国情緒溢れる長崎県出身。大学卒業後、旅行業10年を経て、キャリアアドバイザーへ転職。「人と人との出会い、つながりを大切に」をモットーに、日々奮闘中。

キャリアに対しての想い

キャリアとは、人々が辿る行路や足跡。すなわち人生そのものです。
【過去】【現在】【未来】の3つの軸をもとに、皆さまの人生のコンシェルジュとして、しっかり寄り添う、そんな存在でありたいと考えています。
時代の流れが早くなり、変化が強く求められる昨今ですが、そんな変化を捉えつつ、お一人お一人の”軸”は大切にする。皆さまの長い人生・キャリアのサポーターとして、ともに考え、ともに成長できるよう、日々研鑽を積み、アンテナを張り、皆さまに寄り添うことを心がけています。
皆さまと一緒にキャリアプランを設計することこそが、私の使命であり、私のやりがいです。『あなた以上に、あなたのキャリアを考える』それが私のモットーです。

キャリアに対しての想い

アドバイザーとしての強み

前職の旅行業で学び、培った、【皆さまの幸せ、皆さまの笑顔】を常に求め、日々の業務に取り組んでいます。
それは、私自身のやりがいである、「人から必要とされる」「人の役に立つ」ことにも通じています。
また、何ごとにも先入観を持たず、常に両の目の視点を持つことを意識し、客観的な視点をもつことで、皆さまのよりよい人生のサポートができるのではないかと考えています。
そんな視点と地域に根づいた情報網が私の強みであり、それが【皆さまの幸せ、皆さまの笑顔】につながると考えます。

アドバイザーとしての強み

印象に残った過去の事例

ある50代の薬剤師のご夫婦のお話です。

奥さまは病院薬剤師経験が長く、薬局長まで務めたご経歴をお持ちの方。そして、その働きぶりに刺激を受け、40代から薬剤師を目指したご主人。
無事に薬剤師免許を取得、晴れて薬剤師となり就職をしたものの、「なんとなく」就職先を決めてしまったことで、ご自身が薬剤師としてやりたいことと業務内容に乖離がでてきてしまっている、とのご相談をいただきました。

ご主人のお考えや悩み、やりたいことは当然のことながら、40代で薬剤師のスタートを切られたことを踏まえ、スキルアップやキャリアアップを目指せる環境も意識しながら新たなご勤務先を紹介させていただきました。

また、そのご縁で、お仕事とご家庭とのバランスが取りづらくなってきていた奥さまの転職もお手伝いさせていただくことになり、最終的にはお二人のご家庭、人生に寄り添うことができた事例となりました。やりがいを感じるとともに、コンサルタントとして純粋にうれしかった経験です。

印象に残った過去の事例

キャリアアドバイザーに相談する

(平日9:00~18:00 土日祝除く)

0120-979-882