CAREER ADVISOR INTERVIEW

キャリアアドバイザーインタビュー
裏表のない正直さが信条
キャリアアドバイザー
福田 継人
Tsuguhito_Fukuda
福田 継人
開業支援を2年経験後、人材紹介会社にて14年間勤務後、当社。長くお付き合いができ、転職以外のお話も出来る関係づくりを理想にしております。

キャリアに対しての想い

人には入学試験や結婚、就職など様々な人生の分岐点となる場面があります。

そしてその際、ほとんどの方は少しでも不安を払拭するため、一つでも多くの情報や周囲の評判・意見などを集められたのではないでしょうか?

「転職」も同じだと思います。自分自身のキャリアや人生を左右する転職について、一人きりで悩んでいただきたくないですし、ほんの少しでもお考えがまとまる「きっかけ」になればと思い、いつも先生方には情報のご案内や私なりの意見を包み隠さずお伝えをしてきました。

「それが自分の仕事だから」という観点ではありません。それよりもお一人でも多くの医師が、患者様や医療機関に喜ばれ、いきいきとご活躍されているお姿を見ることを楽しみに、日々対応をさせていただいております。

キャリアに対しての想い

アドバイザーとしての強み

時には先生にとって耳に心地よくないお話をさせていただくこともあります。ただ、私としては、無責任に先生に期待を持たせてしまうような、推測でのお話はしたくないですし、出来る限り事実をありのままお話ししたいと思っています。

そのため、どうしてもご希望に添えない状況であったり、条件面等の妥協をしていただくべき時は、しっかりその理由もお伝えした上で、正直にお願いすることもあります。

日々、多くの医療機関に足を運び関係性を築いておりますので、間違いのない情報を先生にお伝えする責務が私にはあると考えています。

無責任に「ご案内します」と申し上げるのではなく、難しいときは「難しいです」と申し上げますし、過去には現職に残留されることをお勧めしたケースもございます。

一人の人間として、しっかりと先生や医療機関とも向き合ってお付き合いするのを信念としています。

アドバイザーとしての強み

印象に残った過去の事例

整形外科の先生で手術中心の業務に従事されていたものの、以前より治療後のフォローがリハビリスタッフに任せっきりになっていることに疑問を持ち、リハビリ分野・保存療法に関心を持ち続けていた先生のお話です。

リハビリ専従医師としての転職を希望され、その時は無事に希望通りの転職をお手伝いすることができました。

そしてその後、その経験も生かし、開業をお考えになりました。クリニックであれば患者様との距離も縮まり、病院では提供できない細かな医療提供が果たせるとお考えになったからです。

ぜひ開業も成功してほしいと思い、次のご勤務先として、武者修行の意味でクリニック分院長の求人をご案内し、そこでも5年間お勤めになられました。

ちょうど今年、開業が実現し、初日から患者も多く来られ大成功を収めておられます。クリニック分院長として運営のノウハウを学ばれたことが、大成功につながったと喜ばしく思っています。

印象に残った過去の事例

キャリアアドバイザーに相談する

(平日9:00~18:00 土日祝除く)

0120-979-882