CAREER ADVISOR INTERVIEW

キャリアアドバイザーインタビュー
JUST DO IT !
キャリアアドバイザー
国本 昌志
Masashi_Kunimoto
国本 昌志
前職では医療系有資格者のヘッドハンターをしておりました。“人の【想い】を形にする”そのお手伝いが出来るこの仕事を大変誇りに思います。

キャリアに対しての想い

人生とは、各々のキャンバスに自由に絵を描いていく作業だと考えております。
どんな絵であれ、それはその人が生きた人生の証・集大成ではないでしょうか。
この絵は、物質的なものだけでなく、目には見えないものが沢山描かれています。
それは、人となりや誇り、温かい思い出、自分だけの体験、挫折感や羞恥心かも知れません。
転職は、人生における大変大きな転換点です。
どのような【想い】を持って取り組むかで、この絵は大きく変化します。
「好き嫌い」や「条件」を仕事にするのではなく、常に、【想い】を込めた仕事ができるのか、

否か、を先生方と一緒に考えていきたいと思います。

それが、後悔のない転職に繋がると心から信じています。

キャリアに対しての想い

アドバイザーとしての強み

ご自身のキャリア、人生を輝かせている先生方の共通点は、
人生の絵を臆することなく描いていることです。
勿論、失敗することもあるでしょうが、油絵のように上から色を重ねれば良い!といった具合で、トライ&エラーを恐れません。

アドバイザーとして、目先のことから遠い未来まで、先生方が描きたいもの二人三脚で考えることを信条としています。
その選択肢にはどのような展望・可能性があるのか、失敗した時にはどのような手段があるのか、数ある選択肢の中で、可能性を閉ざさずにご提示いたします。
まず【描いてみる】ことに重きを置いて、筆選びからご一緒させていただきます。

アドバイザーとしての強み

印象に残った過去の事例

二十数年間、都心部の救急病院でお勤めの整形外科の先生を担当しました。
残りの医師人生のすべてを賭けて、僻地医療に貢献したい!と熱い【想い】のある先生でした。そして、将来的には転職先の病院の近くで開業したいとのこと。
今まで医局派遣で自分で勤め先を決めたことがなく、貯金もほとんどない、どのような選択肢があるのか分からない・・・等々、大変お悩みであったことを鮮明に覚えています。

先生と一緒に、先ずは最も先の明確な目標である、クリニック開業に向けて、資金がどの程度必要で、年間で幾ら程貯めなければならないのかを考えました。
次に、病院近くで開業を許してくれる、病診連携に積極的な医療機関を探しました。
そして、先生の熱い【想い】を酌んでくださる医療機関とお仲立ちすることができました。

結果として、副院長兼整形外科部長のお立場で入職され、年俸もほぼ倍になり、開業資金も数年間で貯めることが叶いました。
先生の【想い】に大変共感しておりましたので、感慨無量の思いでした。

印象に残った過去の事例

キャリアアドバイザーに相談する

(平日9:00~18:00 土日祝除く)

0120-979-882